就活ヘア(内定への近道)

 2019年度スタート!!
今年は、色んな業種での新規採用が多い傾向にあります
特に技術職を考えている方!チャンスですよ
しっかり計画して、時代の荒波を乗り越えましょう!!

 

ヘアスタイルは「個性」ではなく「決意」の表れです!

就活ヘアって何?そう思われる方が多いと思います
①学生時代の延長で「自分らしさ」「おしゃれ」を強調してまんか?
②短く刈り上げて、スポーティな感じなら大丈夫?と思ってませんか?

ヘアスタイル・身だしなみでの合否は関係ないですが、社会人としての覚悟を表現して行きましょう!

面接では第一印象が重要!!
実は面接官は見た瞬間「爽やかな人だな」「意思が強そうだな」などと先入観を持って質問する事も多い。
そんな第一印象をよくするおすすめ就活ヘアです。

フロント&トップ:前髪は短くするか、軽くかき上げて固定するなど額を出す事が基本。

トップはスパイキーの様なツンツンヘアはNG、キッチリとかし過ぎるのも不自然。日本人に多いのが、硬くて立ちやすい髪質。それを活かして、トップを軽く立たせて爽やかさを前面に出しつつ、カットやセットで毛先を曲げ軽やかな髪型で面接官に好印象を与えます。
最後にワックスなどを使って指先で束感を作ると、若々しい躍動感を表現出来ます。

サイド:清潔か不潔か、相手の印象を左右するのがもみあげから襟足にかけてです。耳元をスッキリさせた清潔感あるスタイルで「知的で誠実さ」な印象を演出。

襟足:長髪は基本的にNG。ワイシャツのカラーにかからない様に注意。スッキリさせる事で「賢そう」と言う印象を与える。

    

Color-カラー-
髪型以上に目立つのがカラーです。茶髪は厳禁!!
男性なら5トーン以下、女性なら6トーン以下です
色ムラの無いようにサロンでのカラーをオススメしましょう

Permanent-形状記憶パーマ-
自然な髪の流れはパーマにお・ま・か・せ!
サイドのボリュームが出る、髪がすぐに立ってしまう、クセが強くてまとまらない
そんな方にはお店オリジナルネーミングなど付けた、アイロンパーマをオススメします
髪全体に自然でソフトな髪質を演出します。
Shaving-シェービング-
ヒゲを剃るだけでなく、肌のリフレッシュ効果も!
皮膚表面の古い角質を取り除き、肌をリフレッシュさせる事で
周囲に明るい印象を与えます。

Skincare-スキンケア-
一番見られている所・・・・それは顔です!
面接官に見られるのは、やはり顔。乾燥肌、皮脂のたまった肌では周りに好印象を与えません
有効成分の入ったパックなどで潤いのある肌に。
Eyebrow-アイブロウ-
眉のケアで大きな変化が!
眉を整える事で、表情が引き締まり、就活人に自信を与えます

その他のポイント

「おしゃれ」と「身だしなみ」の違いを知ろう!
①スーツはグレーか紺色、下のボタンは外します
②袖丈、着丈にもしっかり気を配ろう
③丈は椅子に座る事を考えて選ぼう
④面接時にはカバンの中身も身だしなみグッズを持って行こう
(鏡、コーム、整髪料、ハンカチ、ティッシュ、歯磨きセット、靴磨きクロス等)

月日 例:就活スケジュール2019(大学生)
12月 スタート
1月 OB,OG訪問  有望企業で働く先輩社員を訪問し話を聞く。主に自分の出身校の先輩に行う
2月~3月 履歴書作成  市販の書式の履歴書だけではなく、エントリーシートと呼ばれる企業独自の書類も書く
3月 就活活動スタート!!
4月~5月 書類審査  面接の前に書類審査をする企業が殆ど。履歴書などのほか、成績証明書を
6月~7月 1~3次面接 SPIなどの適性検査を実地する企業が多い。マスコミ業界などでは一般常識、時事問題の試験も。
最終面接 面接回数は企業によるが1~3次面接、そして最終面接という流れになる。また、グループディスカッションなどがある場合も。
内々定 最終面接はその企業の役員クラスの人物が行うのが一般。ここで落とされる事もあるので注意。
8月~11月 内定 4~5月位に内々定を出す企業も。企業の協定で正式な内定を出すのは8月~9月以降で、それまでは内々定となる。
12月~1月 確認 社会人になる為に色んな物事を覚えるのでは無く身に着ける
2月~3月 準備 入社に向けての説明会、セミナー等を受ける

※注意:毎年就活活動には変化があります、上記は参考例として把握して下さいね!。

当店担当者は
企業が考える就活ヘアへの思いを把握して
入社式までの総合プロデューサーとして
お客様の笑顔の為にアドバイスさせて頂きます!